原尻の滝:東洋のナイアガラが待つ隠れた名所│大分

  • URLをコピーしました!

大分県豊後大野市に位置する、原尻の滝は田園風景に囲まれた平地に突如として現れ、その壮大な美しさから「東洋のナイアガラ」と称されています。

この記事では、原尻の滝の魅力に迫り、滝の周辺で楽しめるアクティビティや見どころを紹介します。

目次

「原尻の滝」の概要

原尻の滝は、大分県豊後大野市緒方町原尻に位置する、日本の滝百選に選ばれた自然の宝石です。

その特徴的な幅120m、高さ20mの滝は、その壮大な美しさから「東洋のナイアガラ」と称されています。

滝の成り立ちと自然の美

原尻の滝は、溶結凝灰岩の崩落によって形成されました。滝の崖面には美しい柱状節理※1が見られ、その独特の美しさは訪れる人々を魅了します。

滝は阿蘇山の噴火に伴う火砕流が冷え固まった後に、再び水が流れ始め、浸食によって形成されました。

この過程は近くにある「沈堕の滝」とも共通しています。

※1 柱状節理(ちゅうじょうせつり)とは?岩石が垂直に割れて均一な柱状の形状を持つ現象です。
これは岩石が冷却・収縮する過程で発生し、六角柱状の柱ができることがよくあります。
柱状節理は自然の美しい地形を作り出し、特に滝や崖面で見られることがあります。
柱状節理が見られるスポットとしては、東尋坊鉾島など

周辺施設とアクティビティ

滝の下流には木造の吊橋「滝見橋」が架けられ、すぐ上流には沈下橋も存在します。

これらの橋を渡りながら、滝の周りを一周する遊歩道が整備されており、滝の迫力を間近で体験できます。

また、滝壺の岸まで降りたり、ボートで滝壺を遊覧することもでき、大自然の美を満喫できます原尻の滝周辺の魅力

原尻の滝のすぐ下流左岸には、「道の駅 原尻の滝」があり、滝を見学する際にはその駐車場を利用できます。また、滝の約500m上流には、1923年に建造された5連アーチの石橋「原尻橋」があり、歴史的な要素も楽しめます。

さらに、原尻の滝周辺の水田では休耕期に約30万本のチューリップが植えられ、4月にはチューリップフェスタが開催されます。
※注意1 この時期は滝付近への自動車アクセスが制限されるため、注意が必要です。
※注意2 田んぼで開催するため、サンダルやパンプス等は適さないです。

「原尻の滝」の基本情報

基本情報原尻の滝
■所在地
 大分県豊後大野市緒方町原尻410
■営業時間
 24時間
駐車場
 「道の駅 原尻の滝」を利用
電話番号
 0974-42-4140
ウェブサイト
 www.ogatakanko.com
地図

周辺のグルメ・レストラン検索&予約

予約しないと損!その理由とは…

飲食店の事前予約は、旅行を計画する際に必須の要素です。

レストラン難民同行者との意見の相違を回避し、旅程をスムーズに進め、楽しみを倍増させるために、積極的に予約を行いましょう。

特に週末やピークシーズンでは混雑することも多いので、事前に予約することで安心して旅を楽しむことができます。

 おいしい食事で最高のツーリングに!

周辺のツーリングスポット

👉日本全国のレンタルバイク店舗MAP

👉レンタカー最安値比較なら「レンナビ」

まとめ

原尻の滝は大分県の自然の宝石で、幅広い滝柱状節理を持つ美しい景観が特徴です。

滝見橋を渡り、滝周辺の風景と自然の美を満喫しましょう。訪れる際は計画を立ててください。

未知なる道へ。次の絶景でまた会いましょう!

あわせて読みたい

最後までお読みいただきありがとうございます。
下記リンクから応援いただければ嬉しいです😊

人気ブログランキングでフォロー ツーリングJP - にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次