銭形砂絵:日本最大の砂絵が語るお金と健康の物語│香川

  • URLをコピーしました!
目次

「銭形砂絵」の概要

香川県観音寺市に位置する銭形砂絵(ぜにがたすなえ)は、江戸時代に造られた寛永通宝を模した巨大な砂絵です。

その大きさは縦122メートル、横90メートルの楕円形をしており、琴弾公園山頂から見ると真円に見える特徴があります。


夜にはライトアップされ、その幻想的な姿を楽しむことができます。また、春季と秋季の「銭形化粧直し」や台風などで砂が流された際には、市民総出で補修工事が行われる光景も見どころの一つです。

歴史と伝説

​ 銭形砂絵の起源については諸説あります。
1633年(寛永10年)に丸亀藩藩主の生駒高俊侯が領内を巡視する際、土地の人々が歓迎の意を込めて急遽造ったという説や、安政2年(1855年)に丸亀藩第7代藩主京極朗徹に見せるために造営されたという説などが伝わっています。

しかしながら、一つの決定的な起源についての証言はなく、多くが伝承や説話に基づくものです。

銭形砂絵の象徴意義

​ この砂絵を見ることで健康で長生きし、お金に不自由しないという伝承があります。

寛永通宝を模した象徴が持つ意味合いから、多くの人々が銭形砂絵を訪れ、その願いを託しています。

訪れる際の情報とおすすめポイント

​ 銭形砂絵の見学は無料ですが、砂絵内は立入禁止となっていますので、その点にはご注意ください。

また、夜間にはライトアップされるため、日没から午後10時までの時間帯に幻想的な砂絵を楽しむことができます。
周辺には他の観光スポットも多く、琴弾公園世界のコイン館と併せて楽しむことができます。

世界のコイン館
営業時間
 9:00~17:00
定休日
 年末年始(12月29日~1月1日)
料金
 一般    300円
 小・中学生 150円
ウェブサイト
 michinoeki-kotohiki.com
問い合わせ
 Tel:0875-23-0055

「銭形砂絵」の基本情報

基本情報銭形砂絵(ぜにがたすなえ)
■所在地
 香川県観音寺市有明町14
営業時間
 24時間 
定休日
 -
料金
 無料
駐車場
 駐車場あり
ウェブサイト
 city.kanonji.kagawa.jp
問い合わせ
 Tel:0875-23-3933
地図

グルメ・レストランを探す&予約

予約しないと損!その理由とは…

飲食店の事前予約は、旅行を計画する際に必須の要素です。

レストラン難民同行者との意見の相違を回避し、旅程をスムーズに進め、楽しみを倍増させるために、積極的に予約を行いましょう。

特に週末やピークシーズンでは混雑することも多いので、事前に予約することで安心して旅を楽しむことができます。

 おいしい食事で最高のツーリングに!

周辺のツーリングスポット

👉日本全国のレンタルバイク店舗MAP

👉レンタカー最安値比較なら「レンナビ」

まとめ

香川県観音寺市に位置する銭形砂絵は、その巨大さと歴史的背景から多くの訪れる人々を魅了しています。

寛永通宝を模した砂絵の象徴的な意味合いや、訪れる際の楽しみ方など、この場所が持つ神秘と魅力を探る旅は、訪れる価値があります。

未知なる道へ。次の絶景でまた会いましょう!

あわせて読みたい

最後までお読みいただきありがとうございます。
下記リンクから応援いただければ嬉しいです😊

人気ブログランキングでフォロー ツーリングJP - にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次