国道229号:積丹半島の美しい海岸線を巡る北海道の絶景ドライブ│北海道

  • URLをコピーしました!

国道229号は、北海道の自然美が堪能できる素晴らしいツーリングスポットです。

この国道は北海道小樽市から積丹郡積丹町を経由し、檜山郡江差町に至る一般国道で、日本海沿岸を通過します。
その魅力は、積丹半島の美しい海岸線を周遊する絶景ルートとして知られています。

目次

国道229号線の概要と特徴

積丹半島(しゃこたんはんとう)は、北海道の自然美が最も際立つ場所の一つです。

その美しさを楽しむ絶好の方法の一つが、国道229号をドライブすることです。

この国道は、北海道小樽市から積丹郡積丹町を経由し、檜山郡江差町に至る一般国道で、日本海沿岸を通過します。

特に積丹半島の海岸線を周遊する道路には異なる愛称がついており、岩内から積丹の「カブトライン」、積丹から余市の「セタカムイライン」と呼ばれています。

海岸食との戦い

国道229号は、積丹半島を周回することから、海岸食に立ち向かってきた歴史的な道路でもあります。

昔は、海食洞をくぐり抜け、トンネルで繋ぐ他の国道にはない独自の区間が存在しました。

しかし、現在は災害復旧と新トンネルの建設によって、安全で快適なドライブが提供されています。

神威岬(かむいみさき)

神威岬は、その高台から左手には「神威岩」などの神威岬の起伏に富む景観が広がり、右手には岩塊「水無しの立岩」と石狩湾、さらに湾を挟んだ先には暑寒別岳など石狩山塊が望めます。

特に、岬の先端部は断崖絶壁になっており、400メートル沖には高さ41メートルの岩礁「神威岩」がそびえ立っています。

神威岬の遊歩道最先端からは周囲300度が一望でき、特に水平線が丸みを帯びて見え、その美しさは心に残ります。

積丹半島は北海道で唯一の海中公園に指定されており、その海の美しさは「シャコタンブルー」と形容されることもあります。

また、神威岬周辺は貴重な動植物の宝庫であり、夏にはエゾカンゾウが咲き乱れ、冬にはオオワシやオジロワシなどの野生動物も観察できます。

神威岬展望台
所在地
北海道積丹郡積丹町神岬町(MAP)
営業時間
8:00~18:30
ウェブサイト
https://www.kanko-shakotan.jp/

神威岬のアクティビティ

神威岬では、観光船でのクルーズができます。約50分のコースで海の上から神威岬の絶景を楽しめます。

積丹神威クルーズ
所在地
北海道積丹郡積丹町神岬町(MAP)
営業時間
9:00~18:00
ウェブサイト
https://www.kanko-shakotan.jp/

国道229号線(積丹半島)の基本情報

基本情報国道229号線(積丹半島)
■所在地
 北海道 岩内~積丹~余市
料金
 無料
地図

周辺のグルメ・レストラン検索&予約

予約しないと損!その理由とは…

飲食店の事前予約は、旅行を計画する際に必須の要素です。

レストラン難民同行者との意見の相違を回避し、旅程をスムーズに進め、楽しみを倍増させるために、積極的に予約を行いましょう。

特に週末やピークシーズンでは混雑することも多いので、事前に予約することで安心して旅を楽しむことができます。

 おいしい食事で最高のツーリングに!

周辺のツーリングスポット

👉日本全国のレンタルバイク店舗MAP

👉レンタカー最安値比較なら「レンナビ」

まとめ

国道229号は、北海道の魅力を最大限に堪能できるツーリングコースとして、訪れる価値がある場所です。

国道229号と積丹半島の組み合わせは、北海道の自然と歴史を探求する素晴らしい方法を提供しています。

この美しい地域を訪れ、国道229号のドライブを楽しんで、積丹半島の魅力を発見しましょう。

未知なる道へ。次の絶景でまた会いましょう!

あわせて読みたい

最後までお読みいただきありがとうございます。
下記リンクから応援いただければ嬉しいです😊

人気ブログランキングでフォロー ツーリングJP - にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次