隼駅: バイク愛好者必見の穴場観光スポット│鳥取

  • URLをコピーしました!

鳥取県に位置する隼駅は、鳥取県 八頭郡 八頭町 見槻中字立縄にある、若桜鉄道若桜線にある駅です。

この無人駅は、駅前の商店に乗車券の販売が委託されており、地域の簡易委託駅として機能しています。

この駅の特異な点は、スズキのバイク「GSX1300ハヤブサ」との関係が深いことです。

「隼駅まつり」が毎年開催され、バイク愛好者鉄道ファンにとって愛されています。

この記事では、隼駅の魅力について詳しく紹介します。

目次

隼駅の概要と特徴

隼駅は、鳥取県 八頭郡 八頭町 見槻中字立縄に位置する、若桜鉄道 若桜線にある駅です。

隼駅は無人駅でありながら、駅前の商店が乗車券の販売を委託されているため、地元の簡易委託駅として機能しています。

駅の利用状況は年々若干増加しており、地域の交通拠点として重要な役割を果たしています。

「隼駅まつり」の魅力

隼駅まつりは、バイク愛好者や鉄道ファンにとって待ち遠しい年中行事です。

その起源は、バイク専門誌『月刊ミスターバイク』の2008年8月6日発売号にさかのぼります。

この雑誌は「8月8日はハヤブサの日」と銘打ち、スズキの大型バイク「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」オーナーに「隼駅に集まろう」と呼びかけました。
意気投合したライダーたちが集まり、隼駅はハヤブサ乗りの聖地としての地位を確立しました。

主催は地元有志をはじめとする「隼駅を守る会」です。このイベントには全国からバイクライダーや鉄道ファンが集まり、楽しいアクティビティやイベントが盛りだくさんです。

バイクメーカーのスズキが協賛し、スズキファンにとっては見逃せない機会となっています。

隼駅まつりでは、さまざまなイベントが催されます。その中にはバイクショー、カスタムバイクの展示、ツーリングイベント、バイクグッズの販売、さらには鉄道愛好者向けのイベントも含まれています。

隼駅まつりの魅力は、バイク愛好者鉄道ファンの交流、さらに地域への貢献も行われている点にあります。

これによって、隼駅まつりは多くの人々に愛され、毎年さらに盛大に開催されることとなっています。

隼ラッピング列車

隼駅は、その独自の魅力をさらに高めるために、特別な取り組みを行っています。

その一環として、「隼ラッピング列車」が運航され、その特徴的な外装が注目されています。

の列車は、スズキ・GSX1300Rハヤブサの魅力を全国に広めるために運行されており、多くのバイク愛好者や鉄道ファンから注目を浴びています。

隼ラッピング列車」は、令和3年4月より三代目スズキ・ハヤブサをベースとしたデザインに刷新されています。

売店「把委駆(バイク)

隼駅には2010年に売店「把委駆(バイク)」がオープンしました。こ

こでは隼駅グッズや鉄道グッズ、スズキ公認のハヤブサグッズ、さらには「聖地巡礼之証」などが販売されています。

駅を訪れた記念に購入することができます。

「隼駅」の基本情報

基本情報隼駅
所在地
 鳥取県八頭郡八頭町福井
ウェブサイト
 wakatetsu.co.jp/(若桜鉄道)
地図

周辺のグルメ・レストラン検索&予約

予約しないと損!その理由とは…

飲食店の事前予約は、旅行を計画する際に必須の要素です。

レストラン難民同行者との意見の相違を回避し、旅程をスムーズに進め、楽しみを倍増させるために、積極的に予約を行いましょう。

特に週末やピークシーズンでは混雑することも多いので、事前に予約することで安心して旅を楽しむことができます。

 おいしい食事で最高のツーリングに!

周辺のツーリングスポット

👉日本全国のレンタルバイク店舗MAP

👉レンタカー最安値比較なら「レンナビ」
あわせて読みたい

最後までお読みいただきありがとうございます。
下記リンクから応援いただければ嬉しいです😊

人気ブログランキングでフォロー ツーリングJP - にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次